コウモリの象徴と意味

Jacob Morgan 13-10-2023
Jacob Morgan

コウモリの象徴と意味

コウモリの象徴と意味は、魅惑的でもあり、恐ろしくもある。 しかし、この驚くべき生き物を知れば、強力な味方を発見できるかもしれない!

社会から誤解されていると感じたり、移り変わりを恐れたりしていませんか? もっと周囲の環境に敏感になりたいと思いませんか? スピリット、トーテム、パワーアニマルであるバットがお手伝いします! バットは、生命が提供するすべてを受け入れながら、自分の環境を感じ取る方法を教えてくれます。 バットの象徴と意味を深く掘り下げ、このアニマルスピリットガイドがどのようにあなたを照らし、サポートし、導いてくれるのかを知りましょう。

(記事はビデオの下に続く)。

今すぐYouTubeチャンネルに登録しよう!

    コウモリの象徴と意味

    もしあなたがバットエナジーの知恵を求めているなら、それは高次の自己があなたの感覚を研ぎ澄ます手助けをしてくれている証拠だ。 真見 .

    惜しくも亡くなったテッド・アンドリュースの言葉を引用する。 (コウモリは最も誤解されている動物のひとつである。

    コウモリは夜になると出てくるため、死や冥界との象徴的な結びつきが長い間あった。 しかしよく見ると、コウモリは(他の哺乳類と同じように)母の胎内に住んでおり、そこから出てくるということは、再生と新たな始まりを象徴している。 そのため、民間の知恵ではこの生き物を「夜の守護者」と呼んでいる。

    自然の中で、 コウモリは非常に養育熱心で、これは集団の中で社会化されていることを示している。 彼らは独特のコミュニケーション能力を持ち、家族や若い世代と密接な関係にある。 人間を避けるかもしれないが、仲間同士の交流がないわけではない。

    実際、コウモリは自分の家族とはとても "気が合う "ので、この夜の生き物は実際に "かわいい "と言えるかもしれない。

    その温かく甘い性質から、コウモリの象徴は、本を表紙で判断してはいけないということを深く心に刻み込む。

    狩りをするために、コウモリの多くの種はエコロケーション(反響定位)を必要とする。 これは非常に精密な能力で、隠れたものを発見し、振動周波数に同調するという意味をコウモリに与えている。 獲物を見つける能力に加え、コウモリの翼は単純な動きに適している。実際、指が私たちの生活の暗闇に隠れているものを発見するために広がるような構造になっている。

    シャーマニズムでは、バット・メディスンはシャーマンの世界を行き来する能力と直接結びついている。 バットは死と生、終わりと始まりの両方を表す。 バットと共に飛ぶことは、自分のサイキックな才能を信頼し、自分自身に自信を持つことを意味する。

    ヨーロッパの物語では、蝙蝠の精霊は魔女や吸血鬼のような不思議な生き物を連想させ、当時はポジティブなステータスではなかった。 しかし現代では、馴染み深い存在としての蝙蝠ははるかにポジティブであり、幸運を表すとさえ言われている。

    コウモリの霊獣

    コウモリはスピリット・アニマルとして何を象徴しているのか?

    もしコウモリがあなたのスピリット・アニマルとして存在感を示しているなら 大きな転機に備える .

    コウモリは 高感度 蝙蝠はあなた方に次のことを勧めるだろう。 五感を研ぎ澄ます 宇宙があなたに与えているサインや前兆を集めるように。

    あなたのスピリット・アニマルであるバットは、あなたが生まれながらに持っている六感で「見る」能力を強化する手助けをしてくれるでしょう。 もしバットがあなたの意識の中に現れ続けるのであれば、味覚、視覚、触覚、嗅覚、聴覚、そしてもちろん透視能力や超能力をきれいに磨き上げるために時間をとってください。

    ただし コウモリは死を象徴する スピリット・アニマルとして 文字通りの死である必要はない その代わりに、仕事、生活空間、人間関係、あるいは自分自身や物事の大きな流れの中での自分の役割に対する時代遅れの考えなど、何かが終わるかもしれない。 バットはこの変化をできるだけスムーズにし、それに伴う痛みを和らげるためにここにいる。

    バット・スピリット・アニマルとバット・トーテムの最もパワフルな側面のひとつは、死に関するこれらの意味合いである。 バットがあなたと共に働くとき、彼はあなたが最も恐れている内なる闇と喪失に直面するのを助けているのだ。 あなた自身の死を受け入れ、それに直面し、喪失と変化に対する恐れを超越することによって、あなたはより大きな力とスピリチュアルなつながりを見出すことができる。

    蝙蝠のスピリット・アニマルは、あなたの直感力を高める手助けをし、サイキックな感覚や、肉眼で見える以上のものを知覚する能力と長い間結びついてきました。 蝙蝠は、あなたの人生の暗闇や未知の領域をナビゲートする手助けをしてくれます。

    コウモリのトーテム・アニマル

    コウモリのトーテムを持って生まれた人は、不思議な知覚を持っている。 変装で誤魔化そうとしても無駄だ。 むしろ、バットはそんな誤魔化しに付き合っている暇はないのだから。

    コウモリは超社交的な動物であり、コウモリをトーテムアニマルとする人は、いつも家族や友人に囲まれていたい。

    バット・トーテムを持っている人は、コミュニケーション能力に優れている。 必要なときに会話の方向性を変える術を心得ている。

    グループの場合 積極的な聞き手になる方法を知っている そのため、他人との「感情的な衝突」は(あったとしても)ほとんどないだろう。

    あなたの洞察力は賢く勤勉で、しばしば新しいことを始めたり、後始末をしたりする。

    バット・トーテムのエネルギーを扱うことは、あなたがファシリテーターやイニシエーターとなり、他の人が大きなスピリチュアルな変容に直面するのを助けたり、神聖な謎から逃げずに取り組めるように、自分自身の潜在意識の恐怖に直面したりするのを助けることができる。

    バット・トーテムは、あなたの恐怖と向き合い、社会の制限に振り回されないようにすることで、癒しと勇気を育むレッスンをもたらしてくれます。

    バット・トーテムがあなたを導いているときは、意識の変化や、個人的または精神的な進化における大きなステップが起こりやすい。 バットは、時には障害を通り抜けるしかないことを知っている。 あなたは、彼らの方向感覚に任せて、行くべき深みへと導かれるかもしれない。

    バット・パワー・アニマル

    バットが象徴するパワーアニマルとは?

    バットをパワーアニマルとして選ぶ理由はたくさんあるが、スピリチュアルな転機や前世の探求を手助けしてくれることも少なくない。

    バットは、私たちが自分自身に隠している秘密さえも暴く手助けをしてくれる。 覚えておいてくれ、 コウモリの視力が低いというのは迷信である。 彼らは明るいところで優れた視力を発揮する。 しかし、影が落ちるとき 災難を避けるために、コウモリはエコロケーション能力を使わなければならない。

    あなたは秘密保持者ですか? バットは、あなたがこれらのことに直面し、あなたを重くのしかかる感情的な重荷に終止符を打つのを助けることができる。

    パワーアニマルとしてのコウモリは、私たちに急な撤退が必要なときを教えてくれる。 定期的に安全な洞窟に戻ってもいいのだ。 そこでは、人目につきにくい場所で休息し、元気を取り戻すことができる。

    バット・メディスン 古い、時代遅れの考え方や行動を解き放ちたいときはいつでも。

    恐れから解放され、新しい生き方を受け入れる!

    暗闇に直面することが怖いことである必要はなく、常に生きる場所として光を探し求める助けになるかもしれないことを忘れないでほしい。

    ネイティブ・アメリカン・バットの象徴的意味

    ネイティブ・アメリカンの動物のシンボルであるコウモリは、暗闇を案内してくれる。 コウモリのメディスンは、私たちを古い自分から解き放ち、新しい癒しの扉を開いてくれる。

    バットはコヨーテのようなトリックスターになることもある。 盲人のハッタリはお気に入りのゲームだ。 バットに「聞く」ことで「見る」ことを教えてもらおう。

    しかし、バットのエネルギーは、物事は常にあなたが「見ている」通りではないということを教えてくれる。

    バット・トーテムはまた、トリックスターのアーキタイプとも関連しており、予期せぬことを予期しなさい、すべては見かけ通りにはいかないというメッセージをもたらしてくれる。

    ズニ族にとってコウモリの象徴は雨と浄化であり、不浄や邪悪を連想させる他の文化とは一線を画している。 ズニ族がコウモリの象徴と意味に関して他の文化と共通しているのは、夜との関連性である。 ズニ族にとってコウモリは夜の守護者である。

    コウモリはまた、一般的に生命、死、再生の力とも結びついている。

    ナバホ族のバットの意味

    ナバホの人々は、バットを重要なメッセンジャーとみなしていた。 この動物は、人間の世界とスピリチュアルな世界をつなぐ媒介者としての役割を担っていた。 ある物語によると、チェンジング・ウーマンという著名な女神が、冬の雷神に供物を捧げようとしていた。 他の動物たちは怖がっていたのだが、バットだけは喜んでこの仕事に挑戦し、その遂行を手伝った。

    ナバホの人々は、バットを守護者であり特別なガイドとみなしている。 人々が知恵を求めるなら、バットからのメッセージを受け取るかもしれない。 バットは物陰を飛び回ることができるため、これらのメッセージはいつも気づかれるわけではない。

    オジブエ族の物語:コウモリはいかにして生まれたか

    ナバホ族と同様、オジブエ族もまたバットを助け手、導き手と見なしている。 バットの起源について、彼らはこう語る。 太陽が空に昇ろうとして木の枝に引っかかってしまい、抜け出そうとすればするほど絡まってしまった。

    太陽は昇らず、朝は来なかった。 フクロウやマウンテン・ライオンなど夜行性の動物たちは、狩りを楽しんだ。 朝の動物たちは眠りについた。 天気は寒くなり始め、やがて動物たちは何かがおかしいと気づいた。 彼らは協議会を開き、誰かが太陽を探しに行く必要があると決めた。 リスが申し出、しばらく探した後、リスはこう言った。太陽が木に引っかかっているのを見つけた。

    太陽は助けを求めた。 リスは枝を噛み切って太陽を解きほぐそうとした。 そうするうちに、彼の尻尾は燃え続けた。 太陽に近づくにつれ、彼のモカシンも燃え始めた。

    ついに太陽は自由になり、夜が明けた。 動物たちは祝杯をあげた。 リスの助けに感謝するため、太陽はリスに何か欲しいものはないかと尋ねた。 リスはいつも空を飛びたいと答えていた。 太陽はリスに翼を与え、火傷を負ったリスは灰色ではなく黒色になった。 こうしてコウモリは誕生した。

    マヤ神話におけるコウモリの意味

    マヤ文化において、コウモリは豊穣の象徴であり、トウモロコシなどの農作物を守ると信じられていた。 また、マヤ人はコウモリを世界をつなぐ重要なメッセンジャーとみなし、シャーマンはコウモリと人間の姿を行き来して姿を変えることができると信じていた。

    マヤの人々にもコウモリの姿をした神がたくさんいた。

    カマゾッツはコウモリの神で、文字通り "死のコウモリ "を意味する。 夜、生け贄、死、再生、冥界を連想させる。 サポテカ族はこの神を崇拝し、コウモリが住む洞窟の連なる聖なるセノーテは冥界への扉であり、コウモリ発祥の地であると信じていた。

    オーストラリア・アボリジニのコウモリ伝説

    オーストラリア南東部、クリン族と呼ばれるアボリジニのグループは、コウモリを中心とした天地創造の物語を信じている。 コウモリの神バラヤンは、ブンジルと呼ばれる大鷲の兄弟である。

    ブンジルはバラヤンに一緒に暮らそうと懇願したが、兄はそれを拒否した。 バラヤンはブンジルの土地は乾燥していて不潔だと答えた。 これを侮辱されたブンジルはホークにこの話を伝え、一緒にバラヤンの国に火を放った。 バットの色使いはこれで説明できる。

    聖書の中のコウモリ

    キリスト教神話においてコウモリは何を象徴しているのか?

    初期のキリスト教ヨーロッパでは、コウモリの象徴はあまり好ましいものではなかった。 おそらく実用的な理由からか、あるいはこの夜行性の生き物を恐れて生まれたのか、コウモリはネズミと同じように考慮された。 つまり、害虫であり、不浄であり、不運の前兆とみなされたのだ。 コウモリはまた、暗闇や夜とも関連している。

    聖書では、コウモリは食用に適さないとされている。 これはコウモリを保護するための宣言ではなく、むしろ不味いとされる動物を口にすることから人々を守るためのものである。

    キリスト教の言い伝えでは、コウモリは暗闇、夜、それによる悪魔、悪、サタンに関連していることに加え、欲望や性欲にも関連している。

    キリスト教の教義そのものではないが、ブラム・ストーカーのドラキュラや、コウモリを悪霊や吸血鬼と関連付ける吸血鬼神話への憧れは、東欧の伝統的なキリスト教社会における連想から生まれたものである。 また、コウモリが誘惑や欲望を表すという意味合いは、誘惑、快楽、性欲を表す吸血鬼/ドラキュラ神話の原型に通じる。そしてあらゆる快楽主義的なものは、こうした超自然的な存在と結びついている。

    ドラキュラ(あるいは悪魔/サタン)が、その魅惑的な力によって他者を自分の命令に従わせることができるように、コウモリは私たちの内面、潜在意識、あるいは無意識の憧れに誘惑される能力とみなすことができるだろう。

    コウモリは、キリスト教文化圏では長い間悪魔と結びつけられており、サタンが地上の人間と交流するときに取ることのできる姿とさえ考えられてきた。 吸血鬼の伝承では、血を消費することから、人々はコウモリもこの神話上の生き物のように自分の血を吸おうとするのではないかと恐れていた。 これがコウモリにまつわる恐怖と誤解に拍車をかけている。

    聖書においてコウモリは何を象徴しているのか?

    イザヤ書では、コウモリは不浄の存在と考えられていることに加え、古い寺院や廃墟となった建造物に生息していることから、コウモリがキリスト教以前の伝統の滅亡に関連していることも指摘されている。

    このように、バットは時に荒涼とした場所と結びつけられる。 バットとワークするとき、あなたは自分の人生や精神の中にある孤立した、見捨てられた場所の奥深くまで入り込み、埃を払い、埋もれていたものや無視されていたものと向き合うことで、より深い理解や癒しを生み出すよう呼びかけられるかもしれない。

    キリスト教信仰の現代的で折衷的な信奉者たちは、コウモリを神秘と再生の使者であり象徴とみなすかもしれないが、コウモリの象徴が吸血鬼や悪霊と密接に結びついていた中世キリスト教の伝承の痕跡は残っている。

    ケルト神話におけるコウモリ

    ケルトの象徴主義では、コウモリは冥界と結びつけられ、また「スピリチュアル・ナビゲーター」でもある。 コウモリは逆さまにぶら下がっていることから、ケルト人はこの夜の生き物に、生まれ変わることに似た「転置」の象徴的価値を与えた。

    サムハイン(ハロウィン)の神秘的で力強い祝祭は、コウモリと関連している。 現代の世俗的なハロウィンの祝祭においても、この関連性は明らかである。 他の火祭りと同様に、サムハインは焚き火で祝われ、コウモリを祭りに呼び寄せる。

    ケルトの民間伝承では、コウモリがあなたの髪に絡まるとトラブルを引き起こす可能性があると警告している。 コウモリがあなたの髪の束を持って逃げると不運になると信じられている。 髪そのものが魔術的な連想を持っているため、深い意味は、気を散らしたり魔術の集中力を失ったりしないように、自分のレーダーをクリアにしておく必要性を意味することもある。

    マン島に伝わる言い伝えでは、コウモリは天候の変化の前兆とされている。 夕暮れ時にコウモリが飛び回るのを見ると、好天を予言できると信じられている。 トーマス・クロフター・クロッカーの著書『Fairy Legends and Traditions of the South of Ireland』には、妖精、プーカ、実体のない霊がコウモリの姿をとるという信仰が記されている。

    この説明では、バットの象徴と意味もまた、バットが人の体に憑依して混乱を引き起こすトリックスターであることを描写している。

    他の物語では、サイヒラエスと呼ばれる女性的なコウモリのような存在が描かれている。 彼女はバンシーに似ているが、その鳴き声は人の死を予言する。 彼女の鳴き声が死の前触れであることに加え、サイヒラエスは死が間近に迫っていることを知らせる合図として羽ばたくこともできる。

    コウモリのような生き物を強力な女性の精霊と結びつけるケルトの伝承は、マン島の物語にも見られる。 テヒ・テギは、白馬に乗った美しい女性の姿をして男を誘惑し、彼女に従わせる魅惑的な魔術師である。

    男を川に誘い込むと、彼女はコウモリに変身し、馬はイルカに変身すると言われている。 その時、犠牲者は自分が思っているより深い水の中にいることに気づき、転落死するのだ。

    スコットランドでは、コウモリが急降下して東に飛ぶと縁起が悪いという言い伝えがある。 これは室内に留まる前兆とされている。

    プーカは動物や人間に姿を変えることができ、またトリックスターでもあると信じられていた。 プーカはヤギや犬、コウモリに姿を変えることもある。

    プーカはトリックスターと考えられていたが、慈悲深いとも信じられていた。 プーカに出くわすと何が起こるかわからない。 トラブルに巻き込まれるかもしれないし、贈り物をもらえるかもしれない。

    北欧神話のコウモリ

    北欧神話では、コウモリとフクロウはしばしば一緒に物語に登場する。 古デンマーク語では、これらの生き物が同じ名前で呼ばれているため、そのつながりはさらに顕著である。 古デンマーク語でコウモリとフクロウを表す言葉は、"夜の羽ばたき "を意味するnathbakkaeである。

    古代のスカンジナビア人はコウモリに超自然的な力があると見ていた。 死を予言することができ、また人の中に入り込んで催眠術をかけ、意のままに操ることができると信じられていた。 これはヴァンパイアのメスメリズムの伝承とコウモリとのつながりに似ている。

    コウモリの夢

    注: コウモリの夢はすべて病的なものではない。 夢の他の要素にもよるが、あなたの潜在意識やハイヤーセルフが、あなたやあなたの身近な人が少し "おかしな "行動をとっていることを知らせるために、優しくユーモラスなメッセージを送っている可能性がある。

    バットがあなたのドリームタイムに飛び込んでくるとき、それはまだ開拓されていない可能性を表している。 過去に何をしていたとしても、それは今日のあなたではない。 契約交渉を考えているなら、行間を注意深く読むこと。

    もしあなたが、バットと恐怖の意味合いとの間に深く根付いた文化的な結びつきを振り払うのが難しいと感じるなら、バット・スピリット・アニマルや夢に現れるバットは、まだポジティブな方法であなたを助けてくれるかもしれない。 あなたの深い恐怖の象徴として、バットは、あなたが潜在意識のジレンマと向き合い、それを克服するよりも、恐れていることから逃げている可能性があることを思い出させる役割を果たしている。

    バットが夢に出てくる文脈から、より大きな意味を導き出すこともできるだろう。

    夢の中でコウモリがあなたのはるか上空を飛ぶとき、コウモリは何を象徴しているのだろうか? コウモリが近づいてきて、あなたの顔を見るとき、コウモリは何を意味しているのだろうか?

    このようなニュアンスの違いは、あなたが恐れに対してどの程度無関心なのか、あるいはどの程度自覚しているのかについて、大きな教訓を与えてくれる。 あなたはメッセージやイニシエーションを遠巻きに見ているのか、それとも正面から向き合っているのか。

    コウモリの夢は強力な前兆である。 負のエネルギーの。 しかし、それは社会が コウモリは吸血鬼やその他の悪魔的な存在と結びついているため、内面的(精神的、感情的、霊的)に汚れていることを象徴している。

    黒いコウモリの夢 そのため、自分自身と周囲の霊的な大掃除をする時期かどうかを見極めることに精を出してほしい。

    逆に、夢の中でコウモリを見るのは、あなたの周りにいるエネルギー吸血鬼のシンボルかもしれない。 このような人々は、あなたの持っているあらゆる資源(経済的、感情的、精神的)を吸い取ってしまう。

    コウモリのように盲目の夢 - これは文字どおりのシンボルであり、「盲目」になって入り込みそうな状況に対して警戒を怠らないよう警告している。 隠れている事実も明白な事実もすべて調査・検討する際には、細心の注意を払い、極めて分別のある行動をとるようにという前兆と受け止めよう。

    白いコウモリの夢 - 白は純潔と上昇の色なので、白いコウモリの夢は身近な人の死を象徴しているのかもしれない。

    関連項目: コンドルの象徴と意味

    夢の中のバットスピリットについて、詳しくは以下をお読みください。 夢の中のコウモリ:その象徴、メッセージ、そして前兆 にある!

    極東のコウモリの象徴的意味

    特に極東では 中国 バット 幸運と長寿を表す コウモリの数にも意味があり、2匹は大吉、5匹は長寿、富、名誉、健康、自然死の5つの恵みを表す。 風水の専門家は、幸福と満足のいく夢を引き寄せるためにコウモリのシンボルを使う。

    金貨を咥えたコウモリは、家の西や北西に置かれることが多い。 このシンボルマークをドアに吊るすと、病気から家を守ることができる。

    インドでは、夜にバットの話をするのは縁起が悪いとされている。 そんなことをすると、大切なものを失ってしまうかもしれない、という言い伝えがあるのだ。

    日本では縁起物でもあり、蝙蝠のシンボルは様々な美術品に描かれ、願望成就を促す。 実際、蝙蝠は桃や他のシンボルと共に日本の美術品や装飾品によく使われ、幸運の意味を増幅させている。

    コウモリは幸運を意味する表意文字と一緒に使われることが多く、この2つのシンボルにはほとんど交換可能な意味がある。 コウモリのシンボリズムは幸運と幸福を連想させるが、この動物は混沌や不安の象徴でもある。おそらく、その一見狂暴で不規則な飛行パターンからだろう。

    中国におけるコウモリの象徴

    中国では、コウモリは幸運と幸福の象徴とされ、長寿と知恵を連想させる。 コウモリは5匹のグループで見ると、五福、すなわち長寿、富、健康、他者への奉仕、老後の楽しみの5つの恩恵の象徴とされる。

    蝙蝠が硬貨に噛みついている絵もあり、これは繁栄を意味する縁起の良いシンボルである。 また、蝙蝠が長寿と活力の象徴である桃と一緒に描かれていることもある。

    風水を実践している人たちは、オフィスや家の玄関にコウモリの飾りを置くと、幸福、豊かさ、活力がもたらされると信じている。

    ヒンドゥー教におけるコウモリの象徴

    ヒンドゥー教を信仰するインドの人々にとって、コウモリはラクシュミーと結びついている。 ラクシュミーは富と幸運の女神である。 インドの北東部では、人々はコウモリを保護し崇拝している。

    言い伝えによると、この地方は14世紀に恐ろしい疫病に見舞われ、多くの人々が命を落とした。 ある時、コウモリがこの地方にやって来て住み着いた。 コウモリがやって来て以来、疫病は退散し、再発していないと言われている。 そのため、コウモリは疫病や荒廃を追い払い、村を守ってくれる縁起物だと信じられている。

    コウモリのタトゥーの意味

    コウモリはタトゥーとして何を象徴しているのか?

    他人のバットタトゥーを見たとき、彼らがバットスピリットアニマルに敬意を表しているのか、それとも単にヴァンパイア映画に夢中になっているだけなのか、すぐにはわからないかもしれない。 一つはっきりしていることは、神秘を愛し、生と死と再生の神秘と特別な関係を持つユニークな人々がバットに惹かれているということだ。 この強力なクリーチャーで体を飾るほどにも。

    バットタトゥーは強い声明を出します。 あなたがこの入れ墨を持つ人に磁力を感じて引き寄せられたり、警戒本能を感じて立ち止まったりしても、バットの象徴と意味はあなたに影響を与えています。

    もしあなたがコウモリのスピリット・アニマルと一緒に仕事をしたり、コウモリのトーテムのエネルギーを持っているのであれば、パワフルで神秘的でスピリチュアルな道を歩むための賛辞とリマインダーとして、コウモリのタトゥーの使用を検討してもよいだろう。

    コウモリのタトゥーは、知覚の力、サイキックな意識、そして死と永遠の生命を思い起こさせることを象徴している。

    東洋の伝統に則り、5匹のコウモリのタトゥーは、健康、富、長寿、安らかな自然死、幸福の5つの徳を表す。 2匹のコウモリは、長寿の神である昭顕を象徴する。

    タトゥーに描かれるコウモリは、幸運、健康、繁栄を表すこともあれば、混沌や混沌とした魔術のエネルギーを呼び起こすこともある。 日本の伝統では、コウモリ・タトゥーは幸運を表し、しばしば「福」のシンボルと組み合わせて使われる。

    コウモリのスピリチュアルな意味

    鳥とネズミまたはラットの組み合わせの象徴。 これは鳥のメッセンジャーのアーキタイプと、悪、悪魔、ネガティブの象徴、または幸運、豊かさ、賢さの象徴を組み合わせたものである。 これはネズミまたはラットの象徴的な関連性によって異なる。

    より大きな精神的文脈の中で、コウモリは何を象徴しているのだろうか?

    この組み合わせは、ソウル(コウモリの鳥のような側面、あるいは空を飛びスピリットと交信できる自分の側面)と、暗闇と夜行性のパワーの象徴でもある。

    しかし、もしあなたが行間を読み、自然界とあなた自身の関係を他人の恐怖に侵されないように注意するならば、コウモリの象徴が引き起こす恐怖のレベルを突き抜け、コウモリが持つ精神的な意味をより高いレベルで理解することができるだろう。

    コウモリは神とのつながりや、再生とイニシエーションの神秘と関連している。 スピリチュアルな道には独特なものがある。 もしあなたの天職が万人受けするものではなく、他の人が避けようとするようなワイルドで予測不可能でエッジの効いた領域に旅立つのであれば、コウモリのパワーを高く評価できるかもしれない。

    蝙蝠は、力、神秘、恐怖、嫌悪を呼び起こすシンボルとして、伝承や文化の至るところで見られる。 シェイクスピア・ウィルド姉妹は、魔女の酒に蝙蝠を登場させる。 南米や中米の伝承では、蝙蝠は死と永遠の生命を連想させるため、蝙蝠のスピリチュアルな象徴は、この世とこの世の間を行き来することと関係がある。 ギニアでハーブと呼ばれるバッツ・ベインは、蝙蝠を抑止すると言われ、その結果、以下のことが示されている。文化はこの生き物を崇拝することができるが、文字通りの意味でバットと個人的に交流することは望まない。

    コウモリの種類によっては血を飲むと言われ、これがさらに彼らの精神的な意味を生命力や永遠の命に結びつけている。 同時に、この不気味な行為はコウモリに対する恐怖や忌避感にもつながる。

    コウモリのスピリチュアルな意味には、スピリチュアルな求道者の道も含まれる。社会ではアウトサイダーのように感じたり、精神的なつながりを維持するために主流と秘教の境界線上に留まらなければならない場合もある。 墓地や古い建物、寺院に生息するコウモリは、神聖な場所や死者に関連する場所とのつながりを象徴する。

    ベルギーでは、鐘楼(または煙突)に蝙蝠(こうもり)がいることは不吉とされている。 この婉曲的な表現は、精神的に地に足がついていない人を連想させる。 しかし、この言葉の綾を解きほぐし、スピリチュアルなレンズを当てると、社会がいかに「普通」の基準に適合しない人を、さまざまな平面に同調する方法を認識するのではなく、不安定であると判断してきたかがわかる。の存在は、現実の認識に影響を与える。

    したがって、コウモリのスピリット・アニマルやコウモリをスピリチュアル・シンボルとして扱うということは、大勢に従うために自分の洞察力を否定するのではなく、勇気を持って自分の知覚や本能に従うために、大勢から疑問視されたり誤解されたりすることを受け入れる必要があるかもしれないということだ。

    コウモリはペルセポネに神聖な存在であり、ペルセポネは毎年ハーデスと共に冥界で過ごしていた。 したがってコウモリはさらに、死後の人生の謎、さらにはあなた自身の潜在意識の深い側面への道とつながっている。

    コウモリは逆さまになって眠ることから、タロットでは「吊るされた男」のカードと関連している。 物事を休ませたり、解放されるために何かを手放したりする必要があるのだろうか?

    バットはまた、より大きなスピリチュアルなつながりや、サイキックな能力やビジョンとの関連性から、クラウンチャクラやサードアイとも関連することがある。

    コウモリの種類 シンボリックな意味

    コウモリの種類は豊富で多様である。 すべてのコウモリの種類を詳しく説明することは不可能だが、ここではあなたが遭遇する可能性のある一般的なコウモリの簡単な概要を紹介する。 しかし、このリストにないコウモリがあなたの道を横切ったとしても、あなたはその象徴的な意味を見分けることができる。

    Googleで少し調べるだけで、蝙蝠の性質についていくつかの主要なことを知ることができる。 まず、蝙蝠の外見を考えてみよう。 大きな耳や足など、体の注目を集める特徴がある場合は、その象徴を考えてみよう。

    例えば、大きな耳は、注意深く耳を傾けたり、周囲に気を配る必要性を示すことがある。 コウモリの色彩に注意を払うこと。 コウモリの夢のセクションにあるコウモリのカラーガイドを使って、コウモリの象徴的な意味を判断する。

    遭遇したコウモリについてもう少し詳しく知ると、さらなる意味を導き出すことができる。 例えば、コウモリの食事は何か? もしコウモリが野菜と果物しか食べないのであれば、このエネルギーと調和するために、一時期このような食生活を送る必要があるかもしれない。 また、自分の収穫と祝福を思い出すかもしれない。 もしコウモリが他の生き物を食べるのであれば、その象徴についても調べてみよう。 あなたは「消化」する必要があるかもしれない。バットの獲物から何かを学ぶ。

    コウモリは危険か?

    コウモリを恐れるのはホラー映画のせいなのか、それとも夜行性の生き物を警戒する正当な理由があるからなのか?

    ラージ・ブラウン・バットやホアリー・バットなど数種類のコウモリは、顕著な歯を持っており、危害を加える可能性がある。 ただし、コウモリが人間を攻撃しようとすることはまずない。

    通常、コウモリは人と距離を置くことを好み、脅威となることはない。 たとえコウモリがあなたの家に迷い込んだとしても、あなたがコウモリを怖がるよりも、コウモリはあなたを怖がるだろう。

    人々は狂犬病といえばコウモリを連想するが、このウイルスに感染するコウモリの数は非常に少ない。 狂犬病に感染する可能性があるのは、コウモリの全個体数の約1パーセントに過ぎない。

    屋外で動物を飼っている場合、ある種のコウモリがその動物を捕食しようとすることがある。 しかし、この生き物は放っておいても人間に危害を加えることはまずない。

    コウモリの神話と民間伝承

    コウモリの神話は世界中にあり、見ての通り、多くの物語に共通点がある。 ヴァンパイアの神話が存在しなかった文化圏でも、コウモリにはヴァンパイアの性質があることがほとんどだ。

    また、コウモリは変身にも関係している。 インドでは、コウモリが最初は鳥だったが、人間に変身するように祈ったところ、その願いがかなったという話がある。 顔は人間に近くなったが、体の他の部分は鳥のままだった。

    バットの不幸を癒すどころか、この不完全な変身がかえって困難を招いた。 バットが夜しか出てこないのは、鳥か人間に戻ることを願い、一日中祈り続けているからだと言われている。

    ギリシャ・ローマ神話におけるコウモリの意味

    聖書でコウモリが鳥として描かれているように、古代ギリシャ人もコウモリを鳥として見ていた。 しかし、コウモリを鳥として分類しても、他の鳥との間には大きな違いがあった。 例えば、コウモリが夜行性であることは象徴的に重要であり、コウモリは神秘、冥界、死と再生に対応すると考えられていた。

    一説によると、アルキトエはディオニュソスに誘われた乙女であった。 アルキトエは姉たちと同じように、その招待を断った。 思い起こせば、ディオニュソスはワインと放蕩の神であるため、乙女たちは祝祭への招待をためらったに違いない。 彼女たちは家で機織りをすることを好んだ。 ディオニュソスは断られたことに腹を立て、復讐のために彼らはコウモリや鳥になった。

    この点で、コウモリは恨みや怒りの対象を象徴している。 現代の物語でも、コウモリは復讐に燃える悪役の共犯者や助っ人になることが多い。 恨みから誰かをコウモリに変えることが罰になることを示唆するのは、この物語にふさわしいと思われる。

    関連項目: クジラの象徴と意味

    ホメロスは『オデュッセイア』の中で、コウモリを死者の魂を運ぶものとして描いている。 これは、古代ギリシャ人が翼を持つすべての生き物に対して抱いていた一般的な認識であり、コウモリは死者が冥界に移行するのを助けると考えられていたからだ。

    イソップはコウモリの起源を語っている。 この伝説によれば、動物たちは互いに争っていた。 しかし、コウモリはどちらか一方を選ぶことを拒んだ。 しかし、げっ歯類が優勢と思われるとき、コウモリはげっ歯類の仲間になりすました。 ネズミのような毛むくじゃらの体を見れば、この主張は簡単に信じられた。

    しかし、鳥たちが主導権を握り、喧嘩に勝ち始めた。 バットは突然、話をすり替え、鳥の一匹であると主張した。 バットの翼を考えれば、これも信憑性のある話であった。 他の動物たちがバットの戦略を見抜くのに時間はかからなかった。 この生き物は信用できず、二枚舌であるとみなし、動物たちはバットを敵対視した。 これが、バットが夜通し飛び回り、鳥とは一線を画している理由である。他の動物たち

    コウモリの神々

    • カマゾッツ-マヤの死のコウモリ
    • 夢、眠り、夜の女神。
    • ムルシエラゴ-サポテカの死と夜の神
    • 蝙蝠の神-肉体と精神の世界をつなぐサポテカの神の使者
    • ツィナカン-マヤのコウモリの神で、病気を癒したり、死への移行を開始することができる。

    冥界/夜とのつながりでコウモリに関連する神々

    • プルート
    • 黄泉
    • ヘカテー

    メソポタミアにおけるコウモリの意味

    古代シュメール人はウトゥク、つまり大きな声を出す影のような悪魔を信じていた。 毒を撒き散らすと信じられていた。 しかし、ケルトのプーカの話のように、ウトゥクの中には善良なものもいると考えられていた。 そのため、一部のウトゥクは邪悪な仲間から世界を守ろうとした。

    ウトゥクの中にも悪魔の一群が住んでおり、彼らはエディムと呼ばれていた。 エディムは、伝統に従わずに埋葬された人々の亡霊と考えられていた。 彼らは風や空気に関連していた。 中には翼を持つものもいた。 エディムは復讐心に燃え、疑いもなく眠っている人間から命を奪うと考えられていた。 そのため、彼らはまた、「餓鬼道」の伝承に似ている。吸血鬼。 コウモリと関係があり、死体を適切に埋葬すれば現れると信じられていた。

    アフリカ神話におけるコウモリ

    アフリカではコウモリはトリックスターとして扱われることが多い。 ナイジェリアのある伝説は、コウモリが夜行性の生き物であることを物語っている。 昔、コウモリはブッシュラットと友達だった。 コウモリは二人にスープを作って分け与えた。 あまりに美味しかったので、ブッシュラットは嫉妬し、コウモリにレシピを求めた。 コウモリは秘密を教えた。

    「お湯が沸騰したら、鍋に飛び込んで自分の体の一部を調理するんだ。

    後日、ブッシュラットは妻にスープを作るつもりだと告げ、妻は彼に鍋を渡し、火を起こすとお湯が沸騰し始めた。 妻がちょっと目を離した隙にブッシュラットは鍋に飛び込んだが、バットと違って死んでしまった。

    悲しみに打ちひしがれたブッシュラットの妻は、動物の王ライオンに事の次第を告げに走った。 ライオンは全動物たちにバットを捕らえ、罰を与えるためにライオンのもとに連れてくるよう指示した。 動物たちは追いかけたが、バットは彼らの手の届かないところまで飛んでいった。 今日に至るまで、彼は日が暮れるまで隠れていて、夜だけ出てくる。

    ポポバワは「コウモリの翼」を意味する邪悪な精霊で、コウモリの翼がポポバワの精霊のような影を落とすと言われ、その姿は自由自在である。 また、ポポバワは夜になると人を襲うと言われている。 この精霊に襲われないためには、ポポバワが近くにいるときは外で寝ることをお勧めする。

    シエラレオネ地方には、夜になると暗くなる理由を説明する物語がある。 かつて、昼が絶えなかった。 創造主はバットに頼みごとをして、月に向かってバスケットを持ってくるように頼んだ。 カゴは重く、バットはたびたび休憩をしなければならなかった。 その休憩中に、他の動物たちがバスケットを見て興味を持った。 食べ物か何か楽しいものが入っているに違いないと思った彼らは、バスケットを傾けた。蝙蝠は目を覚まし、篭の中のものを救い出そうとしたが、時すでに遅し。 開いた篭の中から闇が現れ、大地に広がった。 そのため蝙蝠は昼間眠り、夜は闇を追いかけて篭の中に戻そうとする。

    ポリネシアのコウモリの意味

    蝙蝠はサモアとトンガの人々にとって神聖なものである。 この生き物は空飛ぶ狐と考えられている。 サモアの物語によると、レウトギという王女が国王と結婚するためにトンガに派遣された。 このことが国家間に停戦をもたらすことになる。

    レウトギはそこで、怪我をしていたコウモリの赤ちゃんを見つけ、看護して健康に育てた。 しかし、このことはトンガの人々にはよく思われなかった。 トンガは戦士の文化があり、思いやりを弱さと誤解していたのだ。

    王の一族は不運続きで、それをロイトギのせいにされたという。 彼らはロイトギを呪術師だと思い込み、火あぶりにしようと脅したが、ロイトギを助けようとしたバットのコロニーが、怪我をしたロイトギに恩返しをしようと飛んできた。

    コウモリが受粉することで、島は美しく豊かになった。

    コウモリと吸血鬼

    吸血鬼といえば、ドラキュラやアンデッドの伝説や伝承を連想するが、実際に吸血コウモリは存在する。 一般的なコウモリの数万種のうち、実際には3種が存在する。 吸血コウモリは南米のチリ、ウルグアイ、アルゼンチンに生息している。 メキシコにも生息している。

    一部の科学者の説によれば、過去数世紀、ヴァンパイアバットは世界の北方地域ではるかに多く生息していたという。 歴史的な一時期、このコウモリは野生動物を捕食していたと言われているが、現代では家畜化された動物を捕食する傾向がある。

    ブラム・ストーカーが東欧の吸血鬼伝説を世界的に有名にする何世紀も前に、シュメール人は独自の吸血鬼伝説を持っていた。 吸血鬼とコウモリの結びつきがいつ、どのようにして体系化されたのか、誰もよくわかっていない。

    狂犬病は、感染した野生動物に接触した人間の狂犬病の症状が、ヴァンパイアに噛まれたときのような呪いのようなものと勘違いされたのではないかと推測する人もいる。

    コウモリの死体を見るとはどういうことか?

    蝙蝠の死骸を見ると、パニックになることがある。 あなたはこれを悪い前兆だと思うかもしれないが、そうではない。 蝙蝠の死骸に遭遇することは、苦難や困難が終わりを告げようとしていることを意味する。 あなたは困難な仕事や旅を終えようとしているのかもしれない。

    このサインは、信頼できない人に頼るのではなく、自分の直感に注意を払い、しばらくの間、単独で行動する必要があることを示している。

    昼間にコウモリを見る

    昼間にコウモリを見かけたら要注意だ。 何かがおかしいというサインである。 昼間にコウモリを見かけたからといって、それが狂犬病であるとは限らない。 しかし、それは異常であると考えられる。

    象徴的に、これは前兆である可能性があります。 いつもと違うタイミングや状況を受け入れること。 柔軟であること。 日常から一歩踏み出すこと。 旅のある側面で、コースを逆行しなければならないかもしれません。 いつもと逆のことをすること。

    有名なコウモリ

    • バットマン
    • バルトーク(『アナスタシア』より)
    • ズバット
    • クワイレーヌ(『美少女戦士セーラームーン』より)
    • バティ幸田(『ファーンガリー』より)
    • バットボーイ
    • ステラルーナ
    • フィジェット
    • ローグ・ザ・バット
    • ドラキュラ

    バットの格言

    • 技術的には不正確で、コウモリは鋭敏だが、この慣用句は最高の視力を持たない人を指す。
    • バット・シット・クレイジー:「鐘楼のコウモリ」を短縮した「バティ(batty)」が語源。
    • 鐘楼のコウモリ-人は狂っているか、正気ではない。
    • Bat out of hell-不規則に、あるいは急いで動くこと。
    • Old Bat- 能力が衰えている人。
    • 盲目の蝙蝠には、うなずきはウインクに等しい
    • Bat- アル中や酒乱の人

    コウモリの象徴的意味 キー

    • 透視
    • 透視能力
    • コミュニケーション
    • ドリームワーク
    • 幸運を祈る
    • イニシエーション
    • サイキズム
    • 再生
    • トランジション

    Jacob Morgan

    ジェイコブ・モーガンは情熱的な作家でありスピリチュアル愛好家であり、動物の象徴主義の奥深い世界の探求に専念しています。ジェイコブは長年の研究と個人的な経験により、さまざまな動物、そのトーテム、そしてそれらが体現するエネルギーの背後にある精神的な重要性についての深い理解を培ってきました。自然とスピリチュアリティの相互関係に関する彼のユニークな視点は、読者に自然界の神聖な知恵とつながるための貴重な洞察と実践的なガイダンスを提供します。ジェイコブは、自身のブログ「Hundreds of Deep Spirits, Totems, and Energy Meanings of Animals」を通じて、個人が直観を活用し、動物の象徴が持つ変革力を受け入れるよう促す、示唆に富んだコンテンツを一貫して提供しています。ジェイコブは、魅力的な文体と深い知識によって、読者が自分自身の精神的な旅に乗り出し、隠された真実を明らかにし、動物の仲間たちの導きを受け入れることを可能にします。